オリジナルデザイン、自作、カスタム、DIY、ものづくりが大好きなんです!
先月のお話になりますが・・・

とっても気持ちの良い秋晴れの中、隣町でクラフトフェアが開催され行ってきました。
K1

色々なお店があり、沢山の人で活気に満ち溢れていました。
K2

実は、お義姉さんが友人と協力して、このクラフトフェアに初出店したのであります。
K3

ハンドメイドの数々・・・
K4.jpg

カワイク陳列されています。
K5.jpg

K6_20121025212415.jpg

そこで、我が家のなつめさんも看板犬としてお手伝いに行ったのでありました~。
沢山の方々にナデナデしてもらい、なつめさんもご満悦の様だったようです。
K7.jpg

しかし、本当の目的は・・・おやつを沢山もらう事のようでした。
K8.jpg

なつめさん、ちゃんと看板犬を務められたかどうか疑問ですが・・・来年も看板犬とお手伝いしたいと思うのであります。また一つ楽しみなイベントが増えたのでした。


スポンサーサイト

【2012/10/25 22:29】 | 思い出写真
トラックバック(1) |
現在、単身赴任中のわたくし、週末はリゾート(我が家)へ・・・
身も心も、のんびりとリラックス出来ます。(充電中・・・)
P1271211.jpg

天気も良く、屋根のつららも光輝いています。
SANY0076.jpg

ボ~ッとしているのが大好きな私、動物占いでいうコアラです。「ボ~ッとする時間がないとガンバレない」との事・・・当たってます!

健康でより良い生活をする為の定義
 ”食べる20%、動く20%、その他10%、寝る50%”

身も心も休める重要な場所「寝室」に重点を置き、過去「寝ながら○○」を作ってきた私・・・今回は、寝ながらiPadが出来るようにしたいと思い付いたのでありました。
SANY01_20120211133342.jpg

iPadをするのにコレおススメです。
SANY02_20120211133333.jpg

「寝ながらiPad」を可能にしたのはコイツ!
SANY03_20120211133333.jpg

サンコーレアモノショップで購入した、iPad2用フレキシブルアームです!
SANY04_20120211133333.jpg

机やベッドにセットしてiPadを自在に配置。手で持たずに寝たまま操作が可能に!就寝前の優雅なひとときベッドライフを更に快適にサポート!
SANY05.jpg

寝ながらiPad目線・・・
SANY06.jpg

癒しの空間である我が家に帰り、ダラけ過ぎる私なのでありました。

話は変わり~

我が地域である諏訪湖に4年ぶりの御神渡りが出現!早速なつめを連れて見に行って参りました。
SANY0229.jpg

御神渡りとは・・・
信州最大の湖の諏訪湖が毎年冬に全面結氷し、零下10℃程度の冷え込みが数日続くと、湖面の氷が大音響と共に山脈のように盛り上がる「御神渡り」が出現します。これは、気温の上下に寄って氷が膨張と収縮を繰り返すことによって複雑なメカニズムで起きる自然現象で、何年かに一度、最高50cmもの高さで湖岸から湖岸まで数kmに渡り「氷の道」ができる光景は不思議なものです。
SANY0235_20120211160405.jpg

「御神渡り」には、諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへと渡る恋の道である、というロマンチックな言い伝えがあります。

と言う事で、もうすぐバレンタインです。
SANY07.jpg
(なつめも自分の寝床でリラックスしてます。)

2月14日、世界各地で男女の愛の誓いの日とされるバレンタインデー。
P1210986.jpg

女性が男性に贈る「愛情の告白チョコレート」、友人に贈る「義理チョコ」、同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、2000年代以降、多様化しているバレンタインです。

今年も世の中、色々な形の愛が沢山生れるといいな~と思うのでありました。


【2012/02/11 17:38】 | 思い出写真
トラックバック(0) |
現在、長期出張中のわたくし・・・・

その出張先は、豪雪地帯なのでありました。(汗)
しかも、今年は大寒波で例年の1.5倍~2倍との事、連日ニュースで取り上げられている状況なのであります!(涙)

1

建物の1階が雪で埋もれています。
2

玄関前の道も、車が通れません。
3

屋根の雪が迫り出し、見事なつららが出来ていました。
4

「これも思い出」と自分をはげましつつ、室内からつららを撮影・・・
5

駐車場の大半が雪で埋もれています。
日中、日が射してもほんの一時、すぐに天候は変わり雪となってしまうのです。
6

出張先へ初めて来た日の事、あまりの雪の多さに「なんじゃこりゃ~」と心の中で叫んだものです。
SANY0212.jpg

街は雪に埋もれ、道の両脇は高い雪の壁に覆われており、除雪車が毎日作業をしております。連日雪が降り続いているので、雪かきが大変です。
SANY0175.jpg

SANY0182.jpg

SANY0204.jpg


そんな大変な思いをしている私をよそに、我が家のなつめさん冬の季節は元気一杯!雪が大好きなのです。(その心がうらやましい~)
7

♫ 犬は喜び 庭 駆け回り ♪ まさしくこの状態のなつめさん
8

毎度おなじみの、雪の上でゴロンゴロン。
9

元気一杯のなつめさんなのでした・・・。
10

日本列島、まだまだ続きそうな大雪・・・皆さん通勤通学はもちろんの事、雪の片付け作業には十分気を付けて下さいませ。さらにはインフルエンザの感染も急激に増えている状況です。体調管理もしっかりとして厳しい冬を乗り越えましょう。

珍しく真面目に締めくくった私なのでありました。


【2012/02/02 22:27】 | 思い出写真
トラックバック(0) |


masumi
ナッツ117さん なつめちゃん、お久しぶりです。
長期出張が、雪国とは大変ですね。

なつめちゃんも同行されているのですね。
ホント!雪の中で楽しそうですね~(^^)。

つららの写真、生まれ故郷の北海道を思い出しました。
見ている分には雪は良いですが、今年の豪雪には地元の方は大変ですね。



GFの人
自分は大阪なので、とてもではないですが雪はなかなかふりません。

ふってほしいともなかなか思えませんね・・・。
出張先のように、あれだけふれば大変なことが多いと思います。

それにしてもなつめさん、楽しそう(笑)

お忙しいとは思いますが、がんばってくださいね!
ちなみに自分はインフルエンザなりかけです・・・。

おお~
pururin0602
雪遊びのなつめちゃん!かわいいですi-179
すごく嬉しそうですね~。
楽しそうなお顔にこちらも微笑んでしまいます!
犬は喜び♪なのですねぇ~。

それにしても豪雪地帯のツララ!
と。。。とがりすぎですよね!!



やまuT
こんにちは!

す、凄い雪…
大阪の私には珍しいものです!
凄い光景ですね!じかに見てみたいです!
気を付けて下さいね!

お心遣いありがとうございます。
masumi さんへ
masumiさんは 北海道出身なのですね。
わたくし修学旅行で北海道へ行きましたが、
最高に良い場所ですね。
良き思い出の一つとしていつも思い返されます。

長期出張は単身赴任なので、
なつめとは週末しか会えないのです。(涙)
週末、家に帰る事を楽しみに頑張っている次第です。

なつめはホント雪遊びが大好きで、
「雪を投げて」と待ち構えます。
寒いの平気だからうらやましいです。


お心遣いありがとうございます。
GFの人さんへ
GFさん、インフルエンザ大丈夫ですか!?
くれぐれも無理せずお体に気を付けお過ごし下さいませ。

GFさんは大阪なのですね。、とても羨ましいです。
実は今、M4家の遊びに行きたい候補NO,1が大阪なのです。
大阪のたこ焼き食べたい・・・お好み焼き食べたい・・・と妄想
してしまいます。

出張先のこの大雪と戦いながら、M4家大阪旅行計画を練つつ、
日々頑張ります!

GFさんお体お大事に。

コメントありがとうございます!
pururin0602 さんへ
pururin0602 さん、
いつも楽しくブログを拝見させて頂いております~。
ぷるちゃんとぽぽちゃんの掛け合いが、
微笑ましく、可愛らしく、妻と一緒に楽しませて頂いてます!

そうなんです!確かにそうなんです!
豪雪地帯のツララ・・・ホントとんがりすぎです!
小心者のわたくし、いつ落ちてくるかとビクビクしているあり様
なのです。

単身赴任で週末、家に帰るので、この時
なつめに癒されます。
しかしなつめの雪遊びに付き合っていると
くたびれ果て週明け、疲れて仕事へ行くはめになっている
わたくしなのでありましす・・・。


コメントありがとうございます!
やまuT さんへ
大阪はあまり雪降らないんですね。
いゃ~ホント大阪行きたいです!うらやましです。

機会があったら是非見てみて下さい。この白銀の世界を!
たまには良いですよ。あくまで”たまには”です。

お心遣いホントありがとうございまた。
インフルエンザが流行り始めましたので、
やまuTさんもお体お気を付け下さいね。

コメントを閉じる▲
バッキンガム宮殿
イギリスのロンドンにある宮殿。外周護衛を担当する近衛兵の交代儀式を見物出来る事で有名。現在では王室の代名詞として有名です。

その敷地は約1万坪を誇り、舞踏会場、音楽堂、美術館、接見室や図書館等が設置されており、部屋数は、スイート19、来客用寝室52、スタッフ用寝室188、事務室92、浴室78である。宮殿に勤務する人は約450名、年間の招待客は4万人にもなるという。王族たちを補助する侍従50人は同じ宮に住み込み、その他の侍従達は王室厩舎であるロイヤル・ミューズ に寄居するそうです。
yy1_20110310185854.jpg

衛兵交代式
イギリスの名物と同時に重要な観光イベントである衛兵交代式は、4月から7月までは毎日1回、他の月では2日に1回ずつ午前11時または11時30分(日曜日は10時。大雨の日は中止)に行われおります。
yy2_20110310185854.jpg

宮殿正面広場には、ヴィクトリア記念碑が建立されております。
yy3_20110310185854.jpg

近衛歩兵隊はグレナディアガーズ 、コールドストリームガーズ 、スコッツガーズ 、アイリッシュガーズ 、ウェルシュガーズ の5つの連隊があり、王の誕生日に挙行される最も大きな交代式を、トルーピング・ザ・カラー と言います。
yy4_20110310185855.jpg

近衛歩兵と記念撮影。
yy5_20110310185832.jpg

ミラノ大聖堂
yy6_20110310185832.jpg

ミラノのドゥオーモは、ロンバルディア州都ミラノの象徴で、都市の中心の同名のドゥオーモ広場に位置し、初期の聖母マリアに献納されているドゥオーモである。 ミラノのドゥオーモは500万人のカトリック信者がいる世界最大の司教区であるミラノ大司教区を統括する首都大司教の司教座聖堂であり、その大司教は2002年からディオニジ・テッタマンツィ枢機卿が務めているそうです。
yy7_20110310185833.jpg

ドゥオーモの最初の石は1386年に大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの要求により、古代からあったサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の場所に置かれ、 最初の石が置かれてから約500年後の1813年に完成。 19世紀を通じて、尖塔と全ての装飾が仕上げられたそうです。
yy8_20110310185833.jpg

一番高い位置に金のマリア像が輝いていて、昔はこのマリア像より高い位地に建物を建ててはいけないとされたそうです。
yy10_20110310185833.jpg

ドゥオーモには135本の尖塔があり尖塔の天辺には一つ一つに聖人が立っております。
yy9_20110310185833.jpg

ミラノのドゥオーモは世界最大のゴシック建築で、5世紀もの歳月をかけて多くの芸術家によって完成されたそうです。聖堂の上に昇ることもできます。
yy11_20110310185743.jpg

一番右の聖人の上にトンボがとまっています・・・。
yy12_20110310185743.jpg

サン・ピエトロ大聖堂
バチカン市国南東端にあるカトリック教会の総本山。サン・ピエトロは「聖ペトロ」の意で、キリスト教の使徒ペトロ〈ペテロ〉のイタリア語読みに由来するそうです。
yy13_20110310185743.jpg

カトリック教会の伝承によれば、サン・ピエトロ大聖堂はもともと使徒ペトロの墓所があったところに建立されたとされ、キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇るそうです。床面積2万3,000m²。北に隣接してローマ教皇の住むバチカン宮殿、バチカン美術館などがあり、国全体が『バチカン市国』としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
yy14_20110310185743.jpg

サクレ・クール寺院
フランスおよびフランス語圏に多く存在する教会堂で、「聖なる心臓」〈聖心〉を意味し、イエス・キリストに捧げ、守護として祀っていることを意味するそうです。
yy15_20110310185743.jpg

1919年に完成した比較的新しいモニュメントでありながら、すっかりパリの顔のひとつとなり、映画「アメリ」でも重要なシーンに登場。石でできた他のモニュメントはどんどん黒ずんでいくのに、サクレ・クールだけはなぜ白さを保てるは、風化すると白くなる性質をもつ石が使われているそうです。
yy16_20110310185744.jpg

【2011/03/10 20:31】 | 思い出写真
トラックバック(0) |


kaminomoribito
地震の影響は大丈夫でしたでしょうか。
ボクは福岡なので大丈夫でしたが、
こちらからでは お住まいの場所がわからない方も多いので、
心配でなりません。
とにかく、どうかご無事で・・。

コメントありがとうございます。
ナッツ117
kaminomoribitoさん、
ご心配いただきまして、本当にありがとうございます。
こちらは長野県なのですが、私の地域は大丈夫でした。
しかしAM2時ごろ、震度4の地震があり、とても怖かったのです。
長野県北部には余震が続いておりますので、
油断はできないと思っております。
被害にあわれた方々が、とても心配です。
皆様の無事を祈ります。


コメントを閉じる▲
サン・マルコ寺院(福音記者マルコにささげられた、イタリアのヴェネト州の州都ヴェネツィアで最も有名な大聖堂)
m2.jpg

m3.jpg

m4.jpg

本物のサン・マルコ寺院です。
m1.jpg

美しい彫刻を見事に再現されています。
m6.jpg

本物を撮影した写真。
m5.jpg

ヴェネツィアの象徴、羽根のあるライオンのミニチュア。
m8.jpg

これが本物です。
m7.jpg


【2011/03/08 19:30】 | 思い出写真
トラックバック(0) |