オリジナルデザイン、自作、カスタム、DIY、ものづくりが大好きなんです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年3月に発売された 東京マルイのバイオハザード限定品 Vol.10「センチネル ナイン レオンモデル」・・・
SIG社のP226E2をベースにしたカスタムハンドガンで、ストライクフェイスのフラッシュハイダーがとても迫力があり、非常にカッコ良いデザインとなっております。
SS8.jpg


コレクターとしては非常に欲しい代物であります・・・が!今は我慢し、ずいぶん昔に購入した東京マルイのエアコッキング「SIG SAUER P228」でセンチネル ナイン レオンモデル 風カスタム を製作する事に・・・。 
SS1.jpg

製作開始から3日、ついに完成「なんちゃって センチネル ナイン」です。
SS3.jpg

まずは分解し、シルバーに塗装してツートンカラーに・・・(色を塗っただけでも雰囲気が良くなりました)
SS9.jpg

ストライクフェイスタイプ特殊フラッシュハイダーの部分は、中華製M16の銃口を加工し流用しました。これを取り付けただけで、インパクトが強くなました。SIG SAUER P228は、ずんぐりむっくり的な感じのデザインなのですが、スタイリッシュになった感じです。
SS4.jpg

次にビーバーテイルの製作です。これは他のエアガンのビーバーテイルで型を作り、その型にパテを押し込み複製、その複製品を取り付けました。
SS5.jpg

左右非対称形のハイブリットグリップ・・・SIG SAUER P228の丸みがあるグリップをパテでストレートに形成。
SS6.jpg

右手での使用を想定したデザインで片側のみのメダリオン(サムレストは作らず)
SS9.jpg

メダリオンは複製したボタンで代用しました。(一応それなりに見えます)
SS10.jpg

他にカスタムする箇所はありましたが、お得意の面倒くさがり病が出て、これにてカスタム終了~となりました。
SS7.jpg

センチネル ナイン レオンモデル 風 カスタム
「なんちゃってセンチネルナイン」でした。





スポンサーサイト

【2013/08/26 22:22】 | エアガン
トラックバック(0) |
『リンカーン/秘密の書』
2012年6月22日にアメリカ合衆国で公開のファンタジー映画。監督はティムール・ベクマンベトフ。原作はセス・グレアム=スミスによる小説『ヴァンパイアハンター・リンカーン』(Abraham Lincoln, Vampire Hunter)
第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーンがバンパイアハンターとなり、昼は政治家として奴隷解放を訴え、夜は斧を手にしたハンターとしてバンパイアと戦う姿を描いた3Dアクション。

X001.jpg

「リンカーン」が斧を振り回してヴァンパイアと戦う姿は圧巻!更にはこの斧には散弾銃が仕込まれていてるというギミック・・・これに触発され急に製作意欲に燃え、参考資料の収集を始めました。

こちらは手斧にフリントロック銃を組み合わせたもの。至近距離での戦闘では威力を発揮したのではないでしょうか。
X002.jpg

ドイツ・エルツ城に収蔵されているものらしく「斧+ライフル」・・・中距離では散弾で、近距離では斧で戦える優れもの。
X004.jpg

何かのフィギアの銃・・・デザインが非常に良いです。これらの資料を参考に、デザインを絞り、流用パーツを集め製作開始・・・
X005.jpg

クラウンのエアガン「コルトパイソン357マグマム6インチ」をベースにカスタム銃の製作をしました。
全長580mm 対吸血鬼接近戦闘拳銃ARTEMIS VAMPIRE HUNTER 2 (HELLSING風に表現)
Y001.jpg

ARTEMIS(アルテミス)
古代ギリシアの女神;ゼウスとレトとの娘で、アポロンの双生の妹;山野を支配し,人間と野獣の多産および子供の守り神;若く美しい処女の猟人として表される。
Y002.jpg

刃の沿って描かれている文字は、
And the light shines in the darkness,(光はやみの中に輝いている)
  and the darkness did not comprehend it.(そして、やみはこれに勝たなかった)
Y003.jpg

デカ文字は東急ハンズで購入したヘルマラベルというシールです。防水使用で屋外でもOKというもの。小さい文字はレタリングシールです。貼り付けた後、クリアスプレーでコーティング。
刃の部分は2mmのABS板を5枚重ねにして削り出してます。
Y004.jpg

100均のゴールドメタルステッカー・・・これなかなか使えます。(ただし粘着力が弱い)
Y005.jpg

グリップ後方に、ナイフ的デザインの板を付けました。この部分と刃の部分はウェザリングを施しました。
Y006.jpg

やけに長いです。長い分、迫力もあるという感じです。
Y007.jpg

グリップは、流用パーツとして取っておいた中華コッキングのSV系のグリップをパイソンのグリップに固定し、パテで形成しました。接近戦闘では、こう持つという設定です。
Y008.jpg

久しぶりのカスタム銃でした。  おわり







【2013/08/07 22:01】 | エアガン
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。