オリジナルデザイン、自作、カスタム、DIY、ものづくりが大好きなんです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシックカーと言えば、テレビアニメで見ていたルパン三世が乗っていた車を見ながら子供心にカッコイイと思ったものです。

ファーストシーズンのメルセデス・ベンツSSK・・・
セカンドシリーズのアルファロメオ8C2300・・・
カリオストロの城のフィアット500・・・

その魅力と言えば、現代の車とは違い、型が個性的で、デザインの美しさ、ボディーのラインの美しさ、開発者の心が見えてくるような感じの力強さ、古きよき時代というイメージが湧き立つのが魅力です。

クラシックカーと言っても、年式で言い方が異なり、1919~1930年に製造された車をビンテージカーと呼び、第一次世界大戦前に生産されていた車をベテランカーと呼んでいます。

欧米では、第一次世界大戦終了後と第二次世界大戦勃発までの間の戦前型とよばれる車をビンテージカーとして扱っている場合が多いようです。
日本では、自治体によっては製造から50年を経た車両をビンテージカーとして、自動車税の減額を行っている自治体もあるそうです。

先日、大豪邸のセレブのお宅を訪問させて頂きた時、廊下や部屋の飾棚に、ハイセンスなお皿やグラスなどが飾られている中に、1/18サイズ位のクラッシックカーのミニカーが、飾られておりひときわその存在感に目を引きました!

ものすごくオシャレにインテリアを際立たせる上で、精巧につくられたダイキャストモデルのクラッシックカーのミニカーは最高だと感じます。

いつかは飾ってみたいとつくづく思うのでありました。


▼1935年モデル アウディ フロント225▼


▼1938年モデル アウトウニオン タイプD ▼


▼アルファロメオ 8C 2900B 1938▼


▼1932年モデル アルファロメオ 8C 2300▼


▼1902 FORD 999 EXOTO ▼


▼DUESENBERG SJN (SUPERCHARGED)コンバーチブル クーペ 1936▼


▼ブガッティ タイプ 35 グランプリ Nation Colour Project イングランド M-100 B-002▼


▼ブガッティ タイプ54 ロードスター 1931年 ▼


▼Bentley Collection▼


▼Maybach Zeppelin 1932▼


▼ベンツ パテントモーターカー(1886)▼


▼ダイムラー モトール ヴァーゲン(1886) ▼


▼ 3L フォーミュラレースカー W154 (1938)▼


▼メルセデスベンツ 500K スペツィアル・ロードスター(1936) ▼


▼メルセデス SSKL 1931 ドイツGP ▼


スポンサーサイト

【2015/03/15 14:14】 | オススメ情報!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。