オリジナルデザイン、自作、カスタム、DIY、ものづくりが大好きなんです!
ブログアップも大変久しぶりになってしまいました。
その中でもブログを見に来て下さいました皆様ありがとうございます。

今回、我がワークディスクを改修するにあたり、まずは足元にあります電源BOXを製作しました。

タコ足配線そのものです(汗)・・・
常に足元の配線が気になり、足に配線が引っかかったり、ホコリもたまりやすく、なにより見た目も悪い状況でした。



家にある材料と相談しながら、こんな感じで~とイメージして製作開始です。

box2.png

材料はいつもの仕事であまった廃材ですので色もまちまちですが、気にしません。(~と自分に言い聞かせる)
小口も仕上がっていませんので、家にあった小口テープを張りましたが、色がぜんぜん違います。

box3.jpg

扉を閉めると、配線が目立ちません・・・いい感じです。

box4.jpg

机を元に戻すと、今まで配線でグチャグチャだったのが、スッキリしました。
配線をやり直すのも、扉を開ければ簡単にできます。

box5.jpg



【2016/05/03 09:41】 | DIY
トラックバック(0) |
●水道橋重工 「クラタス」

男のロマンである、人が乗れるロボットを実際に制作して話題となった水道橋重工のクラタス・・・
スターターキットも購入ができ、価格は何と¥ 120,000,000 !

到底買えません!

kuratasu.jpg

そんな中、タカラトミーで、「ガガンガン」おもしろい商品が出ました。
専用コントローラーを使って赤外線で移動・攻撃するヒト型の四脚陸戦型ロボット。ガガンガン同士で本格銃撃バトルが楽しめる!コントローラを左右に傾け機体を動かす直感操作。ボタンを押すと赤外線を発射。相手に10発当ててダウンさせれば勝利!ただし30発打つごとにリロードが必要。機体と銃撃をコントロールするテクニックと、攻撃のタイミングの戦略性を磨こう!音と光と迫力あるブローバックによる銃撃アクションが実現!

タカラトミーと水道橋重工の巨大ロボット「クラタス」がコラボレーション!! 起動音・銃撃音・走行音はクラタスオリジナル仕様のクラタスモデルが登場!







クラタスモデルを自分なりにカスタムするのも面白そうですし、子どもと一緒に遊ぶのも良し、ホント大人でも楽しめる商品です。


【2015/06/12 10:28】 | オススメ情報!
トラックバック(0) |
先日、大きな地震がありましたが、火山の爆発からなにから、今の日本は自然災害が多くなってきているように感じます。

「備えあれば憂いなし」で、日ごろから防災意識を高め、事前の準備を整えていきたいと思っておりますが、非常食を確認してみたところ、賞味期限切ればかりでした・・・反省

そんな中、最近気になっていたのが、ミリメシ(軍隊の飯)であります。
話題にもなってきていて、とある高速道路のSAではミリメシのコーナーが設けられているぐらい秘かなブームとなっています。
しかも、世界各国のミリメシの中で、やはり日本のミリメシが星3つで、とてもおいしいのです。さすがは日本!

非常食としてミリメシを備えておくと良いかと思います。

▼10食セット


▼5食セット


▼2食セット













【2015/06/02 16:48】 | オススメ情報!
トラックバック(0) |
最近制作したDIYネタをアップします。

●愛犬用の水飲み台


●愛犬用の水飲み&エサ台
CIMG02_20150520121909660.jpg

●壁面の飾棚
CIMG03_20150520121911e80.jpg

CIMG08_20150520124843a9f.jpg

CIMG04_201505201219123d5.jpg

CIMG05_20150520121914633.jpg

インテリアとしてミニカーを飾る事にハマっている今日この頃・・・
CIMG06_20150520121936663.jpg

飾棚にミニカーを飾りました。
CIMG07_20150520121938a66.jpg

1/18 クラッシックカー インテリアとしてとても映えます!

▼おススメのミニカー
『インテリアが際立つミニカー』

【2015/05/20 12:42】 | DIY
トラックバック(0) |
今回、メキシコ産の屋外用ストーブ「チムニー」を購入しました。

我が地域は、夕暮れになると、まだ肌寒いのですが、チムニーを家族で囲み、薪の炎を見ながら暖を取り、庭でBBQを楽しみました。

外で飲むビールのおいしいこと!食事も格別です。



このチムニーは、大きくてドッシリと重いですが、上部でBBQが楽しめて、下段では薪などを燃やして暖炉のように使える優れものです。

下部のアーチ型の口と上部のお皿状の開口は、中でつながっているので、燃焼効率がとても良くて、火付きが早く煙も少なく手入れも簡単です。

また焼き物ですから鉄製のコンロとは違い、塗装が剥げて錆びることもありません。付属の専用カバーもあるところが良いです。風雨にさらされる様な屋外に常設はひび割れ、破損等の原因とな可能性がありますが、屋外の屋根の下であれば常設しても趣があり、とても可愛くオシャレなのでガーデンオブジェにもなります。

CIM02.jpg

注意点として、チムニーの底に砂や小石を入れないと釜の底が高温で割れる可能性があるとの事です。また補助暖房としても使えますが、薪を入れ過ぎるとかなりの火柱が上るので注意が必要です。

上部にセットされた付属の網は分厚くて丈夫ですが、網目が荒く隙間から小さなお肉や野菜が落ちてしまいますので、今回100均の網を乗せてお肉を焼きました。

一般的な鉄製やステンレス製のBBQコンロとは一味違った雰囲気で、BBQを楽しむことができました。

▼チムニー MCH8880
●サイズ:幅36×奥行36×76cm
●重さ 17.9kg


▼チムニー 8885GN/GRN
●サイズ:約幅φ38x高72cm(ベース含む)
●開口部:約22.5x17.5cm
●焼網直径:(約)φ30.5cm
●重さ :約14kg(ベース含む)


▼チムニー 8883GRS
●サイズ:(約)幅50x奥51x高95cm(ベース含む)
●開口部:(約)28x26cm
●焼網直径:(約)φ35cm
●重さ:(約)37kg(ベース含む)



【2015/05/11 17:36】 | オススメ情報!
トラックバック(0) |